FC2ブログ
   ₊⁺和 ⁺₊ (ワタシ)  生 活
プロフィール

サーイサイ

Author:サーイサイ
アトリエ・サイは日本文化を体感できるイベントの企画・運営をしています。できるだけ日常に身近なテーマで企画を考えていますのでお気軽にご参加下さると嬉しいです!
facebook www.facebook.com/atorie.sai.nihonbunka.jp



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


陶芸でお皿作り
IMG_0029.jpg   IMG_0032 (2)
娘と陶芸体験に出かけました。
自然植物のスケッチをした後、それを切り取り土に型をあわせ形を整えるといった
方法で平皿の制作です。

主催は自宅近くのごみ処理工場。
地域から集められた割れた陶器を砕き、通常の陶芸用の土に混ぜて作成する
「リサイクル陶芸」
先生はわざわざ名古屋からお越しくださったそうです。
土を触っているとなんだか気持が落ち着きます。
今度はろくろを使っての陶芸に挑戦したいなぁ

焼きあがりは9月ということです。
できあがったら何をのせようかしら・・・
スポンサーサイト

和紙
IMG_0001 (2)  IMG_0008.jpg
親子で和紙作りに行ってきました。

和紙作家さんから和紙の特徴を教えてもらった後に実際に手を動かして 和紙ができて行くまでを
子どもと体感しました。

日本の和紙は繊維が長く、透明なので薄くても強く透光性が良いそうです。

和紙は雅皮(ガンビ)、三椏(ミツマタ)、楮(コウゾ)の3種類の植物の木の皮に含まれる繊維
を材料とします。

当日はコウゾで和紙作り!!
水で細かくちぎる。(写真左)
和紙を乾かす網を仕込んだ木枠に流し込み模様を好みで付けて、乾燥させる。

このような過程を経て紙は作られる。
紙の薄さを調整するには初心者にはとても難しい。

私の住む地域で ウドで和紙作りをしている所がある。
今度見学に行って見よう!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。