FC2ブログ
   ₊⁺和 ⁺₊ (ワタシ)  生 活
プロフィール

サーイサイ

Author:サーイサイ
アトリエ・サイは日本文化を体感できるイベントの企画・運営をしています。できるだけ日常に身近なテーマで企画を考えていますのでお気軽にご参加下さると嬉しいです!
facebook www.facebook.com/atorie.sai.nihonbunka.jp



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


きものってな~に 3/24開催。第二部
kimono027.jpg IMG_0021.jpg         旧富沢家(多摩市中央公園)にて
  3/24 日曜日14:30~16:00 「きものってな~に」 第二部を開催しました。

「もっと気軽に、もっと楽しく」をテーマに第二部は大人の方を対象にスタート。

みなさん「着物」と聞くとどんな印象をお持ちになりますか?
・値段が高い!
・特別な時に着るもの。
・自分では着られない。
・敷居が高い!     などなど聞かれます。

私も、藤原さんにお会いするまではそう思っていました。
2年前に娘の七五三の着物の相談に伺った折に
「ご自宅に眠っているお着物で用意することもできますよ」
「着付けはお母様がなさるとよろしいのでは」とのご提案。
今まで、着物屋さんに行くと高い着物を買わされる(失礼)というイメージが強かったので、
こんな提案は驚きでした。
よくよくお話を伺うと、藤原さんは着物を心から愛している職人さん。
着物を販売することもなさっていますが、着物のあらゆる相談にのって下さる
「悉皆業」の職人さんなのです。
ですから、自宅で眠っている着物の活用方法や着物のお手入れ方法などなんでも相談にのって下さいます。
そこで今回は普通の着物屋さんでは教えてもらえない、職人さんならではのデモンストレーションを開催!

**自宅でできる「着物のシミ」の取り方**
kimono024.jpg kimono026.jpg kimono025.jpg
仕事場では、近代的な道具を用いて作業をなさっているとのことでしたが、当日はあえて「自宅にあるもので」しみ抜きの実演をして頂きました。
しみをつけてしまった時の応急処置方法やしみの種類によっては専門店へお持ちになる方が良いなど
実用的なお話に、参加下さった方々も興味深々♪

最後に
お越しになることができなかった方にこのブログでぜひお伝えしたい、
藤原さんの印象的なお話を一つ。

2枚目の写真、藤原さんの右奥の赤いお着物について。
これは被布(ヒフ)という着物です。
コートなのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
室内で着ても失礼ではない着物です。
時代劇などで未亡人になられた方が着ている場面がありますが
未亡人の方だけが着るものでもないそうです。

「身体が不自由な方にも着物は着て頂けるんですよ!」
ということをお伝えしたくてと、この会の為に藤原さんが作って下さったものなのです。
「車いすの方」でも「帯を締めるのが苦しいという高齢の方」でも、この被布があれば帯ナシで
立派な着物姿に変身!!
こういったお話をして下さるのも
「もっと気軽に。もっと楽しく」様々な方に着て頂きたい!
という藤原さんのお気持ちの表れではないかと感動しました。
こういったお話は、普通の着物店ではなかなか聞くことはできません。

また、機会がありましたらこのような会を開催したいと考えています。
ブログをお読みになって興味をお持ち下さった方
ぜひ、アトリエ・サイにお声かけをお願いいたします!

アンケートをご記入下さった方々からは
「今日は来てよかった」
「このような会をまた開催して下さい」と
嬉しいコメントをいただきました。
お越し下さいました方に心よりお礼申し上げます。

❤ありがとうございました❤
スポンサーサイト

日本文化体感イベント「きものってな~に?」
IMG_0021.jpg 桜が三分咲きの旧富沢家にて。春の日差しが差し込む和室で始まりました。

悉皆業の職人さんとしてご活躍の 藤原昌子さん を講師にお迎えして3/24(日)「きものってな~に?」と題して着物のお話会を開催!
一部は親子で着物に使う小物にさわったり、着物を着たり楽しんで頂きました。
子供たちは、外のお庭に出て記念撮影大会!!昭和の時代にタイムトリップしたような光景でした。
IMG_0042 (2) IMG_0024_20130325135524.jpg IMG_0029 (2)

IMG_0046.jpg IMG_0048.jpg IMG_0049.jpg kimono009.jpg
続いては着物着付けの実演ショー! 卒業式に自分で袴まで着付けをした現在中学2年生の御嬢さんが2年のブランクを感じさせない着付け手さばきに、みんな見入っていました。
「大人は色々考え過ぎちゃうんですね」と言っておられた藤原さんの言葉が心に残っています。
 kimono027.jpg IMG_0033 (3)
藤原さまは和紙を使って、子供の着物のサイズのお話中!横にはお借りした花嫁衣装。
この花嫁衣装は多摩市在住の友禅作家様の手により10種類の雅楽器と四季の花が描かれており、その上には京刺繍で初めて紫綬褒章を受賞された西谷一男氏の刺繍が花を添えている、なんとも美しいお着物でした

では、後日第二弾と致しまして着物会二部のご報告を致します



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。