FC2ブログ
   ₊⁺和 ⁺₊ (ワタシ)  生 活
プロフィール

サーイサイ

Author:サーイサイ
アトリエ・サイは日本文化を体感できるイベントの企画・運営をしています。できるだけ日常に身近なテーマで企画を考えていますのでお気軽にご参加下さると嬉しいです!
facebook www.facebook.com/atorie.sai.nihonbunka.jp



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


熈代勝覧(きだいしょうらん)
IMG_0131.jpg

日本橋三越の地下に「熈代勝覧」という江戸時代後期の絵巻物(複製)が展示してあります。
神田今川橋から日本橋までを描いた絵巻物。
町の様子が活き活きと描かれ見入っていたら、7歳の娘が一言。
「江戸時代って猫いたのかな?」
たまたま横に居合わせた60代半ばの男性が、
「いたんだよ」と間髪入れずにお答えくださり・・・
「猫は遣唐使の時代に日本に来たと言われていてね、それはなぜか。
こういった絵巻物を中国から運ぶ時にネズミが絵巻物についている
糊を目当てに噛み切ってしまうから、その見張り番として猫も一緒に
連れてきたんだよ」と教えてくれた。
「へー、そうなんですね!!!」と聞き入っていたら
続けてこんなことも教えてくれました。
「この熈代勝覧は複製で本物はベルリンの国立アジア博物館にあるんだよ」
ここにある物は、ベルリンに行って模写してきたモノなんだよって。

なんで本物が日本にないんでしょうね??・・
写楽の浮世絵なども海外の美術館所蔵が多かったけど・・・
日本人って海外の人に日本の良さを教えられたり、後から価値に気がついたりって
こと、多いように思うのは私だけでしょうかね・・・・

もし、日本橋にいらっしゃる機会がありましたら是非ご覧下さい。
この江戸の街並みを歩きたくなるかもよ。
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://sai31sai.blog.fc2.com/tb.php/37-d90b4922



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。