₊⁺和 ⁺₊ (ワタシ)  生 活
プロフィール

サーイサイ

Author:サーイサイ
アトリエ・サイは日本文化を体感できるイベントの企画・運営をしています。できるだけ日常に身近なテーマで企画を考えていますのでお気軽にご参加下さると嬉しいです!
facebook www.facebook.com/atorie.sai.nihonbunka.jp



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


IMG_0032.jpg 安芸の宮島  
IMG_0042.jpg プリップリの牡蠣の炭火焼
世界遺産のこの地は素晴らしい場所でした。
ちょうど潮が引いており、荘厳な鳥居まで歩いて行くことができました。
陰陽道の影響を受けて建立された厳島神社の鳥居の上部両サイドに 太陽と月 のマークが金色で描かれており、古の人々のお参りの風景を想像しました。
とても穏やかな空気が流れる場所でした。
神社まではお土産店が並びますが、奈良の公園と同じくここにも鹿がうようよ。
案内所でもらったマップはかみちぎられました((^_^;))
途中で食べた 牡蠣は絶品!!!
やっぱり本場は違いますね~


IMG_0016 (2) 津和野で買った器 IMG_0338.jpg 和菓子店を覗いて

大好きな絵本作家 安野光雅さんの故郷の津和野。
町がタイムスリップしたような、離れがたい場所でした。
安野さんの美術館や雑貨店、お醤油屋、器屋、薬屋、教会、保育園、お茶屋・・・
軒を連ねるそれぞれのお店のなんとステキなこと。
また是非訪れたい。
陶芸家さんのお店のショーウインドーに飾られていた 陶器でできたお雛様。
生憎お店はお休みで・・・。
今度行ったら、娘の為に購入したいなぁ

旅の報告は まだ続きます。
次回は原爆ドームと錦帯橋。
関連記事


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック URL
http://sai31sai.blog.fc2.com/tb.php/66-3110ccfb



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。